先端農業を通して人と地球にやさしい環境を提供します

メービラスについて

特殊肥料 メービラス

アグリ・コア株式会社は、近畿大学 生物理工学部 阿野教授を技術顧問に迎え、植物の成長促進及び病気の予防効果について、研究、開発を進めています。

この研究から生まれた製品が、特殊肥料 メービラスです。メービラスの成分は、すべて天然成分。meabilus

パプリカの脇芽と糖蜜を組み合わせ、当社が発見した4種類の酵母菌(Pichia属)を用いて発酵処理を実施します。この発酵液とは、別に近畿大学 阿野教授が保有する枯草菌 RB14をおから等を用いて当社と阿野教授が確立したバイオフィルムを形成させる高密度培養(10の9乗個/g)で発酵させます。

この2種類の発酵液をろ過し、ある比率で混合した液体がメービラスとなります。

メービラスに期待できる効果

メービラスを500倍から1000倍に希釈し、植物の葉の表裏及び土壌に散布してください。成長促進と病気の予防が期待できます。

具体的事例1. (酒米 山田錦)

meabilus_Rice

酒米 山田錦の収量です。左側は、非散布区。右側はメービラスを育苗期に1回、田植え直前に1回、中干時に1回の計3回、500倍希釈にて散布した結果です。

この結果は、メービラスによって、収量構成要素の重要な部分=幼穂形成期の肥効(稲体窒素含有量)をポジティブにコントロールでき、肥料を切りながら(栄養成長から生殖成長への切り替え)葉色を落とさないとゆう理想の栽培が可能になっています。
なお、栽培期間中においてイモチ病・紋枯病等の病斑は認められませんでした。

meabilus_Rice2

具体的事例2. (小松菜)

IMG_0359

写真の右側2株は、メービラスを定植後に500倍希釈にて2回散布した株。左側2株は、非散布のものです。明らかに、生育に差があることが認められます。

 

 

 

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © アグリ・コア株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.