1.環境制御システム

当社は、この環境制御を独自のアルゴリズムを開発し、工場の製造ライン等で活用されているPLC(プログラムロジックコントローラー)に、プログラミング化し、温室内の制御を可能にしました。

これにより、温度が高い環境下では、天窓やサイドカーテンを解放、雨天には雨水が侵入しないよう天窓を閉じる、日射量が強い場合には、遮光カーテンを稼働させる、冬期には暖房のON/OFF等を全て自動で行うことを可能にしました。この結果、人に頼ることを大幅に低減できたことで労働環境を整えるのみならず、コストを大幅に削減できるシステムが完成しています。また、これらの制御はインターネットを介して遠隔操作が可能です。

 

2.栽培管理システム

栽培日誌をPC又はスマートフォンで入力。 このデータは、当社のサーバーに蓄積され、過去に遡り、グラフ化等の視覚的に把握しやすい表示で生産者の栽培支援を行います。

また、栽培管理項目は、JGAPに対応しており、JGAPの監査等において対応可能です。